海外で代理母出産ができる、低価格で高い医療技術

不妊治療とは

不妊症はまだ未知の部分が多い

「妊娠しにくい原因を治療する」「妊娠の可能性を高める」


代理母出産 ウクライナ

不妊の原因となっている問題の多くは、最後まで原因がはっきりしないものが少なくありません。

妊娠しない理由が女性だけ、または男性だけにあるというものでなく実際はほぼ同じ確率で、要因となる要素がいくつか見つかるのが通常です。


まず、産婦人科などの受診に先立ち、基礎体温をつけておくといいでしょう。

基礎体温とは、朝目が覚めたら起き上がる前にすぐに測る体温のことで、専用の 体温表を使って記録します。グラフを数周期つけてみると自分の月経や排卵の パターンがつかみやすくなります。自身の卵巣機能のサイクル状況を知ることにも役立ちます。


男性への治療としては生殖能力を回復させる目的で、薬物、栄誉療法で精子を作る機能を正常化したり、手術療法で精液の状態の改善を行います。

女性への治療は精子と卵子を近づけることが目的で、男性側に不妊の問題があっても最終的な治療は女性に施されます。

一般的な不妊治療の流れとして、まず「タイミング法」(※1)を行います。

数周期に渡って行っても効果が認められない場合は精子と卵子をより近づける治療として「人工授精」(※2)を行います。「タイミング法」と「人工授精」は一般不妊治療と呼ばれています。一般不妊治療で妊娠が難しいのは、体内において両方の卵管が閉塞している、排卵した卵をキャッチする役目をする卵管采が卵子をピックアップできない、加齢により卵子の質が低下してしまっている、もしくは男性の精子が少ないなどが挙げられます。


(※1)基礎体温表や超音波検査で排卵日を予測して、排卵日前後に性生活を持つことで妊娠を目指す治療法で、不妊治療の中でもっともスタンダードな治療法です。

(※2)子宮の入り口で膣と子宮膣をつなぐ部分を頸管といいます。運動量が少なかったり濃度が低い精子は頸管を超えて子宮内に進むことが大変困難になります。少しでも多くの精子が頸管を超えて子宮に届くように子宮内に細いカテーテルを挿入し、運動精子を注入する方法が人工授精(AIH)です。妊娠そのものは自然に近く、簡単で苦痛がない方法です。


一般治療を行っても妊娠しない場合は高度生殖補助医療(ART)にステップアップします。

高度生殖補助医療は特に受精卵や胚を扱う治療法で、「体外受精・肺移植法」(※3)、「顕微授精」(※4)、「胚凍結保存」(※5)があります。精子と卵子が出会えていない、もしくは出会いにくいと考えられる場合に確実に精子と卵子を出会わせる治療方法で、2010年の日本産婦人科学会のデータでは日本で生まれる赤ちゃんの3%がARTにより出生しています。

ただ一般治療とは違い、保険の適用外となるため費用もかなりかかります。


(※3)女性の卵巣に形成された成熟卵胞から卵子を体外に取り出し(採卵)、シャーレの中で夫の精子と受精させた後、その受精卵を培養器の中で数日間育て、発育させた後、その受精卵(胚)を子宮内に戻す(ET)方法。 受精・培養した胚だけを戻すため、自然妊娠や人工授精よりも妊娠する確率は高まります。日本産婦人科学会の報告では、2007年の移植当たりの妊娠率は26.4%、採卵当たりの妊娠率は14.4%です。


(※4)卵子の中に1個の精子を直接注入して受精させる方法。精子の数が極端に少ないといった男性不妊に有効な治療法です。精子の数が少なかったり、精子の運動率が悪いなどの男性因子に問題があって通常の体外受精では受精できないような場合には有効な方法です。


(※5)一回の採卵で多くの卵子が取れた場合に胚を凍結保存することです。移植する胚は多胎妊娠を防ぐために原則として1個とするよう(35歳以上の方並びに2回目以降の治療の方は2個以内)日本産婦人科学会から勧告されています。それ以上の受精卵がある場合に凍結保存しておけば次回採卵しなくてもよくなります。 保存期間は病院によって違いますが、凍結した胚の生存率は、液体窒素内で半永久的に維持できるようにされています。


不妊治療

補助や追加の治療としては
受精卵を胚盤胞という状態まで培養(受精から約5日)してから子宮に戻す「胚盤胞移植」方法、着床直前に近い状態まで育ててから子宮に戻すのでより妊娠の可能性が高まります。また、子宮に戻した胚(受精卵)が着床しやすくなる目的で、胚の表面の透明帯に穴を開けたり、スリットを入れたりする アシステッドハッチング(AHA)という方法、その他にもサプリメントや漢方薬、体の血流をよくする温熱治療器なども活用されています。

赤ちゃんをほしいと願う思いの強さは人それぞれで、子宮に問題があったり、何らかの理由があって出産できない女性が子どもをもつには代理出産しか方法がありません。

不妊治療を必要としない夫婦の自然妊娠・出産率が20%ほどなのに対し、代理出産での妊娠成功率は一回の胚移植に対して50~60%と高い成功率を収めているというデータもあります。代理母の子宮を借りる代理出産は、「子供を得る」という観点で見た場合、非常に高い効果があります。

治療を進めていくうえで次のステップを考える段階にきたとき、第三者の力を借りながら出産のプロセスに参加するということも一つの方向性です。

代理母出産のメリット・リスク(問題点)や法律面などを、無料相談でご回答しております。

どんなことでも、お気軽にご相談くださいませ。
高度不妊治療の、【代理母出産】はとても有効な方法です。

ウクライナの中でも、代理母出産を安い費用(料金)で、高い技術の不妊治療をご提供する厳選した医院をご紹介します

お問合せ