海外で代理母出産ができる、低価格で高い医療技術

日本の不妊治療の現状

現在の不妊の状況は昔とは大きく違います

多くの女性が20代で結婚・出産していた 1980年代ごろまでは
不妊症の原因は生殖機能の何らかのトラブル(排卵障害、子宮筋腫、卵管閉塞など)を要因とする場合がほとんどでした。しかし女性の社会進出に伴う晩婚化、共働き化による出産年齢の高齢化により平成25年の初産年齢の全国平均は30.4歳と平成7年の27.5歳から3歳上がっています。

妊孕力(妊娠力)、先天性の病気の可能性、帝王切開や流産などの割合が一番低い年代は 20代前半と言われていて、この年代がヒトを生物学的にみた場合の出産の適齢年齢といえます。

しかし、女性の初婚年齢が29歳(平成23年の全国平均)となる現在では、環境や体の変化とともに妊娠・出産の形も変わってきているのがごく自然の流れです。


現在は不妊のカップルが10組に1組

37人に一人が体外受精

代理母出産 ウクライナ

毎年100万人以上誕生している赤ちゃんの約3%、37人に一人が体外受精(※1)で誕生しています。

そのうち約25%が高齢出産(35歳以上での出産)で産まれていて、これは平成12年の約12%から平成23年の約25%というデータが示すように倍増しています。それに伴い母親が40歳以上での出産の割合も平成12年の1.3%から平成23年には3.6%とこちらは3倍になっているのです。

いつでも子どもが出来るだろう、という考えは少し前の考え方になりつつあります。

年齢の上昇とともに女性の妊娠率は低くなっていくからです。


(※1)女性の子宮から卵子を取り出し、体外で受精させた後、受精卵(胚)を子宮に戻す(ET)方法。


不妊治療は認知度も上がってきており、テレビに報道され始めたばかりの1980年代より周りの理解も得られつつある状況になってきているとは思いますが、まだまだ「不妊治療をしている。」とオープンに話すというのは難しいのが現状です。

また、病院に通うために仕事を辞めたり、もっと時間の融通のきく仕事に転職するということも不妊治療を進めるうえでの障害になります。

2015年のあるデータでは、不妊治療を始めた年代をみてみると30~34歳が約39%と一番多く、次いで25~29歳(31%)、35~39歳(23.4%)となっています。平均開始年齢は32歳で、最初は検査を受け、その後タイミング法(※2)、人工授精(※3)、体外受精(※4)と進んでいくのが一般的のようです。

(※2)超音波やホルモン検査の値を参考に、医師が排卵日を推測し、指定された日に性交を行うというもの。

(※3)子宮内に直接運動性の良好な精子を注入するというもの。胎児への影響は自然妊娠と変わらない。

(※4)体外に取り出した精子と卵子を受精させた後、受精卵(胚)を子宮に戻す方法。


不妊治療の負担としては、子宮卵管造営検査(※5)やホルモン注射などの痛み、吐き気やだるさといった身体的な負担、そして治療を進めていく上で 「生理がくる度に落ち込む。」、 「ゴールはあるのか、いつ赤ちゃんをあきらめるのか。」、 「治療の結果が思うように出ず、パートナーや両親、義理の両親に申し訳ない。」 などの精神的な負担も大きいといえます。


(※5)月経終了後~排卵前の低温期に渡って行われる検査で、子宮内に注入した造影剤が子宮から卵管に流れていく様子をレントゲン撮影によって調べ、子宮の中の形状や、卵管のつまりなどを確認する方法。医師によっては痛みの程度に差がでる場合もある。


大変な点

タイミング法は体のタイミングが決まっている

代理母出産 ウクライナ

大変な点としては、タイミング法は体のタイミングが決まっているため、「性交渉のために 夫の出張先へ2時間かけて行く。」などの例もあります。また前述にもありますが、 「通院の回数が多く、定時に仕事を切り上げたり午前中半休する。」などの仕事をしている人への負担も大きいです。

経済的な負担としては、初期の一般不妊治療(タイミング法、排卵誘発剤)では保険診療が適用される為3割負担で済みますが、高度生殖医療(人工授精や体外受精)になると健康保険は使えなくなり自由診療になります。各医療機関によって費用は違いますが、人工授精で1~3万円、体外受精で30万円~60万円というのが一般的です。

国や都道府県からの助成金もありますが、2016年からは補助される対象が42歳までと制限ができます。


日本の総人口は2010年の1億2,800万人から2050年に9,700万人になり1億人を割り込むとの予測が出ています。

2014年の日本の出生率は1.42%ですが、人口維持のために必要な出生率は2.07~2.08%とされ、これを下回れば人口減が進んでいく計算になります。 人口減少の要因として考えられる生涯未婚率は、男性で20.1%、女性は10.6%(共に平成22年の国税調査)となるなど上昇の一途であり、これは少子化の一因となっています。

そしてその一方で、どうしても赤ちゃんがほしいと望まれる方もいるのです。


不妊治療はゴールの見えないマラソンのようなものです。

走るのはいつでも止められる、それでもいつか赤ちゃんを授かれると思って走り進めていくしかありません。

しかし現実は、健康な男女の自然妊娠率で20%、体外受精で約30%と、なかなか思ったようには結果が出ません。 けれども代理出産になると50%近い結果を出すことができます。


日本では現在不妊治療とは認められていない代理出産ですが、 代理出産の先進国であるアメリカなどでは不妊治療の一環ととらえられており、 年間2,000人以上の赤ちゃんが誕生しています。


一番理想的な方法

生物学的にも100%のご夫婦の赤ちゃん

代理母出産 ウクライナ

自己卵子を使い、生物学的にも100%のご夫婦の赤ちゃんというこの方法が一番理想的かと思われます。


年齢などにより奥様の卵子を使うことが難しい状況においても、卵子提供者(エッグドナー)の卵子を利用することも珍しくありません。


生まれつき子宮がない女性や病気により子宮や卵巣を摘出されてしまった女性にとって、 今の日本にいても進展が望めないのであれば、 海外では一般的に利用されている卵子提供、代理出産という方法も、 「家族をつくること」「親になること」の為の、 現実的且つ、有効な選択肢のひとつかと思われます。


人生は一度かぎりです。


世界の技術を手軽に利用できる時代なのですから、 「理想の人生」を諦めないでください。

そのサポートをさせて頂きます。
代理母出産のメリット・リスク(問題点)や法律面などを、無料相談でご回答しております。

どんなことでも、お気軽にご相談くださいませ。
高度不妊治療の、【代理母出産】はとても有効な方法です。

ウクライナの中でも、代理母出産を安い費用(料金)で、高い技術の不妊治療をご提供する厳選した医院をご紹介します

お問合せ