代理母出産の費用(料金)、低価格で高い医療技術

着床前診断(PGD/PGS) や、遺伝子検査

着床前診断プランと料金(費用)

■ 着床前診断

代理母出産 ウクライナ

Preimplantation Genetic Diagnosis
Preimplantation Genetic Screening in situ
Fluorescent In Situ Hybridization)

細胞遺伝学的な方法で、染色体の数や構造の量的変化を分析する方法です。
細胞内の先天性欠損症や、成長の遅れ、流産のリスクを高めることに 関係している遺伝的な変化を検出する方法です。

診断結果から分かること:
・マイクロ欠失(染色体の部分欠如)
・マイクロ遺伝子重複(染色体の重複している部分・余分な遺伝物質)
・細胞内の染色体の数
・変異の理由が不明な単一遺伝子疾患(性別と関連している変異を含めて)
・顕微鏡検査の時に疑いになった染色体の再編成の有無の証明など

*費用(3種類):

(1)PGD/PGS 5染色体 FISH法 :$1,600
(2)PGD/PGS 9染色体 FISH法 :$2,100
(3)PGD/PGS 24染色体 NGS法 :$3,200



出生前診断(NIPT / 羊水検査)

■ NIPT検査

妊娠10週からいつでも実施可能な検査で、
一般的な染色体疾患(ダウン症、18トリソミー、13トリソミー)、
その他の染色体疾患、性染色体(XXおよびXY)、
または、微小欠失症などの検査をすることができます。



■ 羊水検査

羊水検査は出生前診断の一つです。
羊水には胎児由来の成分が浮遊しているため、 羊水を調べることによって染色体などに関する情報を確認できます。
羊水検査でわかる主な胎児の染色体異常は以下の通りです。

ダウン症候群(21トリソミー)
エドワーズ症候群(18トリソミー)
パトー症候群(13トリソミー)
ターナー症候群(モノソミーX)
トリプルエックス症候群(トリソミーX)
クラインフェルター症候群

また、この他に転座、欠失、赤ちゃんの性別なども知ることができます。




*費用(2種類):

(1)NIPT検査 :$1,600~3,200
(2)羊水検査 :$3,200



遺伝子検査 ~7,000種類の遺伝子検査が可能~

■ 遺伝子検査

ウクライナでは、様々な遺伝子検査が可能です。

・嚢胞性線維症
・神経性難聴
・フェニルケトン尿症
・脊髄性筋萎縮症
・脆弱X症候群

・、、、、 7,000種類の遺伝子検査が可能ですので、
ご希望の遺伝子検査項目を教えて頂ければ、お見積もりをさせて頂きます。

精子や卵子から行う遺伝子検査方法もあれば、
血液から行う遺伝子検査方法もございます。

また、ご両親や、その父母や親戚などの遺伝子疾患を教えて頂ければ、
こちらからご提案させて頂くことも可能です。


例えば、ウクライナで需要の高い、

・嚢胞性線維症
・神経性難聴
・フェニルケトン尿症
・脊髄性筋萎縮症

の遺伝子検査の場合は、550ドル にてご提供しております。

最新技術を利用し、420遺伝子のスクリーニングのプランですと、
2,500ドル にてご提供しています。




代理母出産のメリット・リスク(問題点)や法律面などを、無料相談でご回答しております。

どんなことでも、お気軽にご相談くださいませ。
高度不妊治療の、【代理母出産】はとても有効な方法です。

ウクライナの中でも、代理母出産を安い費用(料金)で、高い技術の不妊治療をご提供する厳選した医院をご紹介します

お問合せ