代理母出産の費用(料金)、低価格で高い医療技術

着床前診断(PGD/PGS) や、遺伝子検査

着床前診断プランと料金(費用)

■ 着床前診断

代理母出産 ウクライナ

Preimplantation Genetic Diagnosis
Preimplantation Genetic Screening in situ
Fluorescent In Situ Hybridization)

細胞遺伝学的な方法で、染色体の数や構造の量的変化を分析する方法です。
細胞内の先天性欠損症や、成長の遅れ、流産のリスクを高めることに 関係している遺伝的な変化を検出する方法です。

診断結果から分かること:
・マイクロ欠失(染色体の部分欠如)
・マイクロ遺伝子重複(染色体の重複している部分・余分な遺伝物質)
・細胞内の染色体の数
・変異の理由が不明な単一遺伝子疾患(性別と関連している変異を含めて)
・顕微鏡検査の時に疑いになった染色体の再編成の有無の証明など

*費用(3種類):

(1)PGD/PGS 5染色体 FISH法 :$1,600
(2)PGD/PGS 9染色体 FISH法 :$2,100
(3)PGD/PGS 24染色体 NGS法 :$3,200



出生前診断(NIPT / 羊水検査)

■ NIPT検査

妊娠10週からいつでも実施可能な検査で、
一般的な染色体疾患(ダウン症、18トリソミー、13トリソミー)、
その他の染色体疾患、性染色体(XXおよびXY)、
または、微小欠失症などの検査をすることができます。



■ 羊水検査

羊水検査は出生前診断の一つです。
羊水には胎児由来の成分が浮遊しているため、 羊水を調べることによって染色体などに関する情報を確認できます。
羊水検査でわかる主な胎児の染色体異常は以下の通りです。

ダウン症候群(21トリソミー)
エドワーズ症候群(18トリソミー)
パトー症候群(13トリソミー)
ターナー症候群(モノソミーX)
トリプルエックス症候群(トリソミーX)
クラインフェルター症候群

また、この他に転座、欠失、赤ちゃんの性別なども知ることができます。




*費用(2種類):

(1)NIPT検査 :$1,600~3,200
(2)羊水検査 :$3,200



遺伝子検査 ~7,000種類の遺伝子検査が可能~

■ 遺伝子検査

ウクライナでは、様々な遺伝子検査が可能です。

・嚢胞性線維症
・神経性難聴
・フェニルケトン尿症
・脊髄性筋萎縮症
・脆弱X症候群

・、、、、 7,000種類の遺伝子検査が可能ですので、
ご希望の遺伝子検査項目を教えて頂ければ、お見積もりをさせて頂きます。

精子や卵子から行う遺伝子検査方法もあれば、
血液から行う遺伝子検査方法もございます。

また、ご両親や、その父母や親戚などの遺伝子疾患を教えて頂ければ、
こちらからご提案させて頂くことも可能です。


例えば、ウクライナで需要の高い、

・嚢胞性線維症
・神経性難聴
・フェニルケトン尿症
・脊髄性筋萎縮症

の遺伝子検査の場合は、550ドル にてご提供しております。

最新技術を利用し、420遺伝子のスクリーニングのプランですと、
2,500ドル にてご提供しています。

着床前遺伝子診断が必要な場合、ウクライナは検証済みの薬剤に頼ります。確かに、IVFの全体的な結果は胚のパラメーターに依存します。 BABY 4 YOUは、他の方法で母性の夢を実現できなかった女性を支援します。体外受精は徹底的なチェックの後にのみ行われます。したがって、遺伝病が子孫に伝染するリスクが高く、健康でエネルギーに満ちた家族でも、子供が生まれます。

着床前検査の費用と手順の適応

母親の子宮で胚を決定する前に、胚の遺伝的健康状態を評価できることは、着床を成功させるための優れた方法です。したがって、すべての場合のコストは、肯定的な結果によって正当化されます。 PGD は関連性があります:

  • 統計によると、妊娠中の母親の年齢が38歳を超える場合、染色体異常は、成熟した年齢の親から生まれた赤ちゃんで最も頻繁に観察されます。
  • 女性が3回以上流産したことがある状況。
  • すでに複数回IVFに頼ったが、3回の胚移植後に妊娠が起こらなかった患者の場合;
  • 遺伝性疾患がある場合。

着床前遺伝子診断を気にするすべての人に、日本は成功を保証することができます。私たちは素晴らしい評判を持つ一流の専門家を採用しています。

PGS、PGD手順:違いと特徴

着床前スクリーニングについてのみ話すと、ウクライナはそれが染色体の正常性を決定するのに対し、PGDは1つの遺伝子の欠陥を検出することを理解する必要があります。どちらの実験も、胚に遺伝性疾患があるかどうかを正確に理解するのに役立ちます。それらを組み合わせると、ダウン症、クラインフェルター症候群(PGS)、嚢胞性線維症、鎌状赤血球貧血、テイサックス症候群、X染色体破壊、筋緊張性ジストロフィー、サラセミア(PGD)を明確に特定できます。

手頃な着床前遺伝子診断:BABY FORYOUでの性別選択の費用

インプラントウクライナ、診断は過度の費用をかけずに母性への道です。赤ちゃんの性別を選択できるようにするために、胚は特定の数で作成され、最高品質のサンプルが使用されます。

キエフに子会社があるため、クライアントは高額な旅行にお金をかけません。私たちは国の生活のあらゆる側面を考慮に入れており、患者は治療に専念する機会があります。あなたと私たちの両方に共通の目標があります:健康な子供と雲ひとつない親の幸せ。




代理母出産のメリット・リスク(問題点)や法律面などを、無料相談でご回答しております。

どんなことでも、お気軽にご相談くださいませ。
高度不妊治療の、【代理母出産】はとても有効な方法です。

ウクライナの中でも、代理母出産を安い費用(料金)で、高い技術の不妊治療をご提供する厳選した医院をご紹介します

お問合せ