PARTNER 代理出産ジョージアについて

  • HOME
  • 代理出産ジョージアについて

ジョージアの代理母出産 ジョージアの魅力や提携施設をご紹介します。

ジョージアのご紹介

Chapter01 インタビュー始まり

今日は!ガーマルジョバ!

BabyForYouの加藤です。
私たちは今回グルジア(ジョージア)の中心であるトビリシという素晴らしい町にいます。
気温は25度、町は春らしく緑で溢れています。

グルジアは、山とワインとホスピタリティー(=おもてなし)の国と呼ばれています。

グルジアは、英語での呼び方ならジョージアです。
ジョージアは標高5000mを超えるコーカサス山脈がロシアからの寒気団を遮断する役割を担っているため、国土の大半は比較的に温暖です。

ジョージア(グルジア)の北側にロシア、南側にトルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと隣接しています。また、ジョージアの西側は黒海とつながっています。
山も海もあり、スキーなどの冬遊びや、夏休み用のリゾート地として恵まれた場所です。

ジョージアの天気は地方によって異なります。
山が多いい国ですから、北では冬に雪が多く、本当に寒い時期もあります。
しかし、首都であるトビリシでは、1月の平均温度は2度より下がりません。

7月なら平均気温は29度を超えます。

観光なら春と夏が一番おすすめですが、秋もすごく綺麗です。

おすすめできる有名な観光地ですが、ジョージアの南部にある洞窟修道院のヴァルジアや、7世紀からの残っている、山にあるアナコピ城やナリカラ城、成層火山のカズベク山などです。首都のトビリシから離れなくても、旧市街のトビリシは非常に有名な観光地でもあります。

ジョージアは、日本の北海道より少し小さいくらいの面積です。
ジョージアの人口は、世界で131位、370万人程度です。

ジョージアと日本の国交

ジョージアと日本の国交は、1992年から始まっています。
古来中東とロシアの陸でのつながりであり、色々な民族が行き交う国でした。

現在、ジョージアの30代までの若者のほとんどはジョージア語と英語で話します。
30歳以上のジョージア人は基本的にジョージア語で話しますが、ロシア語も理解しています。
約70%の国民がジョージア語を話します。約10%がロシア語を話します。
ジョージアの宗教ですが、ジョージアの国民の約90%はキリスト教です。
ジョージアの現在の国旗ですが、作られたのは2004年です。

白地に5つの十字架を用いるエルサレム十字の図案は、中世の十字軍でも使用され、バグラティオニ朝のジョージア王国の旗として用いられてきたものであり、11世紀初頭のバグラト3世にさかのぼるとされています。

日本はジョージアへ援助

日本はジョージアへ、経済や文化向上のための援助を拡大し続けています。
両国間における貿易収支は、日本が自動車や工業製品を輸出し、ジョージアが農産物や鉱物を輸出する形です。
日本からの車の輸入に対して輸入税が何倍も高くなった2017年まで、日本車の右ハンドルの車を毎年4万代以上輸入していました。

今も、ジョージアのどんな町を歩いて見回せば、右ハンドルの日本車が走っています。
また、ジョージア製のワインは有名であり、日本への輸出も大量にされています。
2018年の「サクラアワーズ」という日本の国際ワインコンテストにはジョージアのワインは7つもの賞を勝ち得ました。

物価のについて説明しますと、日本人にとってとてもリーズナブルと言えます。
例で言いますと、トビリシのマクドナルドでビックマックを買いますと、USドルで言いますと1,85USドルになります。日本の約半額ですね。
スマホ用のプリペイド3gのインターネット15Gbで、11USドルぐらいになります。
首都のトビリシの地下鉄に1回乗ることで0,2USドルしか必要になりません。
町以内のタクシーでの移動は平均で2〜5USドルします。

ジョージアの通貨はラリといいます。為替レートですが、1ラリは日本の40円ぐらいです。

ジョージアの観光地

ジョージアの観光地や、大きな町のスーパーや飲食店などでは、VISAやMasterCardなどの支払いは可能ですが、Apple Payはまだ利用されていません。
ですから、カードでお買い物をされる場合、カード自体をお持ちしていただくことを忘れないでください。

ジョージアの食事文化はとても面白いです。ジョージアは習慣の国です。食事においても特徴的な習慣があります。ベーキング法という方法を得意としています。
今でもジョージアのほとんどのレストランにはタンドールという種類のオーブンが利用されています。
ジョージアの一番有名な料理は間違いなく「ハチャプリ」です。ハチャプリはジョージアの地方によってたくさんの種類があり、ジョージアだけではなく、旧ソ連の国々で非常に人気のある料理です。
また、餃子類のヒンカリというジョージア料理もおすすめです。

ジョージアのメインの飲食物はワインです。ジョージアに来れば必ずワインを飲みます。
数えきれないほどの種類があります。特に甘いワインはおすすめです。

ジョージア人の性格ですが、喧嘩を好まない人たちです。
特に外国人への接し方は素晴らしく感じます。ジョージア人のメイン特徴は日本人と同じホスピタリティーだからです。
ジョージアの家族の家に招待されたら、必ずたくさんの料理とワインでおもてなしをされます。
ジョージア人は最後に残ってる食べ物をお客様にあげる習慣もあります。

治安ですが、ジョージア国民の警察への信用率は2003年には5%しかなかったです。
しかし、ジョージアの2003年の革命が起きてから、警察を含めて、全国的に非常にたくさんの改革が行われました。

その中で、2010年の段階で警察への信用率はヨーロッパの平均なレベルを超え、87%まで上がりました。
ジョージアは短い期間で信じられない発展をした国として認識されています。
現在、日本が1位になっている「世界の125カ国の治安リスト」では、ジョージアは5位です。

素晴らしい国民性

ジョージアに来て一番驚いたのは、観光地、料理、治安の良さではありません。

ジョージア人の習慣です。

特に、年上への敬意とお母さんを大切にすることは日本でも考えられないほど大切にされています。
年上への敬意や、家族を大切にすることなど、ジョージアは身近な人間から大切にする素晴らしい国民性だと気づかされました。
今の世界では珍しい事なのかもしれませんが、日本と似ているかもしれません。

言葉は通じなくても、笑顔で迎えてくれるジョージアを、私は大好きです。

提携先クリニックのご紹介

GAGUA産院

ジョージアの首相や大臣、著名人が利用する、国内でも有名な私立病院です。

  • GAGUA産院
  • GAGUA産院
  • GAGUA産院
名称 GAGUA産院
住所 Tbilisi; Digomi Chiaureli str. 6 a
開設 1997年
医院長名 David Gagua(設立者・CEO)
産婦人科医 Goga Nikabadze

ZSリプロダクティブ病院

非常に情熱をもった院長と病院オーナーが、信頼できる仲間たちと仕事する病院です。
新しい医療技術にも関心が強く、勤勉な医師が多いです。

  • ZSリプロダクティブ病院
名称 「ZSリプロダクティブ病院」補助生殖技術のクリニック
住所 Georgia, Tbilisi, 2 Lubliana str.
開設 2013年
設立 2009年
代表者名 Arsen Gvenetadze
診療科名
  • 体外受精
  • 着床前診断
  • 代理母出産プログラムのサポート
  • 不妊夫婦の診断部門
  • 不妊治療
  • ドナープログラム
  • 低温技術
職員数 50人前後
お問い合わせ・LINE・zoom面談

CONTACTお問い合わせ・LINE・zoom面談

どのようなご質問でも、お気軽にお送りくださいませ。
必ず24時間以内にはお返事をお送りしております。
このご相談が『大きな一歩』になると思います。

詳しく見る