代理母出産 よくある質問Q&A

よくあるご質問(Q&A)代理母出産についての疑問にお答えします

Q1:代理母出産は産んでくれた人(代理母)の遺伝子は関係しますか?

代理母の遺伝子は関係しません。
ご依頼者様の卵子と精子を体外受精(IVF)させ、得られた受精卵を 代理母の子宮に移し、妊娠・出産を、試みる高度生殖治療ですので、 ご依頼者ご夫婦の100%の遺伝子のお子さんとなります。

また卵子提供でお子さんをお考えの方は、ご主人さまのみの遺伝子に なります。
その場合も第三者の卵子を使用しますので代理母との遺伝子上の 親子関係は存在しません。

Q2:代理母出産と不妊治療の違いはなんですか?

代理母出産は体外受精(IVF)などの高度な不妊治療の技術を用いて、 受精卵を第三者の女性の体に移植し妊娠・出産することです。
海外では不妊治療の一種と位置づけられています。

代理母出産は通常では妊娠・出産が望めない方が、赤ちゃんを 授かることのできる可能性がある方法です。

Q3:成功率はどれくらいですか?

成功率で申しますと、母となられることを希望される方の年齢が 低い方が成功率は高いといえます。
尚、健康な男女の自然妊娠率は20%ほどといわれています。
詳しい確率につきましては、メディカルチェックの後に医師より お伝えさせていただきます。

Q4:HIVプログラムはできますか?

HIVプログラムとは、HIVに感染した男性の精液からウィルスに 感染していない精子を取り出して卵子と体外受精させることを指します。
技術的には可能ですが、様々なリスク(法律面も含めて)が多く、 弊社ではHIVに感染した男性の精液は使うことはできません。 
HIVに感染した男性の精液の代わりに、HIVに感染していない 男性ドナーの精液を使うことになります。

Q5:利用するうえで、何が必要ですか?

まずは弊社にお問合せください。  
後に専門医との面談、ご依頼者様の身体チェックなどが必要になって きます。
また現地クリニックとの契約の際、渡航頂きますので、ある程度の お時間の余裕が必要になります。

Q6:外国語が話せません。海外では常にサポートしてもらえますか?

ウクライナにいる日本人スタッフが常にサポートさせて頂きます。
また日本のオフィスでもお問合せ等対応の体制を整えております。
日本からいらっしゃる殆どの方はロシア語や英語を話せません。

Q7:手続きなど、難しいことは分かりません。大丈夫ですか?

ご契約の際に一連の流れを詳しくご説明させていただきます。
またお問い合わせ頂きましたことはその都度お答えさせていただきます
のでご安心ください。

Q8:どこまで無料で対応してくれますか?

メールでのやりとり、最初のコンサルティングは弊社のサービスの ご案内も含まれますので無料になります。
また、医学的、法律的、組織的なコンサルティングは全て無料です。  

Q9:電話相談できますか?

はい、東京オフィスでは平日(〇時から〇時)までの間でお受けして おります。
専門医による回答が必要な場合はメールにてお答えさせていただきます。

Q10:海外の病院の医師に、質問したいことがありますが、やりとりできますか?

直接メール頂くか、医師と時間を合わせてSkypeでのやりとりも可能です。
ウクライナとの時差はサマータイムで6時間、11月1日から3月の最終日曜までは7時間になります。

Q11:支払いはどのタイミングになりますか?

プログラムのステップ毎に、何度かに分けてお支払いいただきます。
最初のお支払いは、クライアントとエージェント間の契約時になります。
それぞれのステップ(代理母の選択、契約・体外受精など)の前に お支払い頂き、お支払い方法は現金かお振込になります。    

Q12:どういう場合に、返金がありますか?

それぞれのプログラムステップに進む前に、考え得るすべてのリスクや、 今後の進め方を相談させて頂いております。
もし、お支払い後、まだステップがスタートしてない内であれば、 返金は可能ですが、詳細の相談が必要になります。

金銭面において事前に具体的にお話しさせて頂いておりますが、 代理母出産プログラムの性質上、すべてが正確に予知できるものでは ないということをご理解ください。

Q13:どれくらいの費用がかかりますか?

アメリカでの代理母出産の四分の一から三分の一の600万円前後に なります。

ただし、体外受精の回数、多胎妊娠、母子や胎児の状態により費用は 変わります。

Q14:代理母はどういった方々ですか?

弊社の提携するウクライナの登録機関の代理母登録者たちは、 厳しい事前審査を経て登録してきています。
家族に妊娠をサポートできる方がいらっしゃるか、経済的な状況はどうか、 また、自分のためだけというより、人のために力になりたいと考える 利他的な性格の方かを重視しております。

候補者のプロフィールに掲載されているものとしては、 身長、体重、髪の色、目の色、年齢、学歴、血液型、Rh因子、 配偶者の有無、国籍、代理母出産の経験の有無などが挙げられます。

Q15:日本では認められてないってことは、違法行為なんでしょうか?

日本においては代理出産を規制する法律はなく、民法にも記載がありません。規制する法律がないため代理母出産を法律上認める国に日本人夫婦が行かれて子どもを授かっても、責められることはありません。  

Q16:誰でも利用できますか?

弊社でお申し込みいただける方はご結婚されておられるご夫婦のみに なります。

Q17:遠方に住んでいるんですけど、近くの産婦人科などで利用できるかどうかのチェックは受けられますか?

はい、大丈夫です。
医師より必要な検査項目をお伝えしますので、お住いの地域での病院で メディカルチェックをお願い致します。

Q18:今通ってる産婦人科や不妊治療の先生に、代理母出産は薦められないと言われました。大丈夫ですか?

代理母出産を規制する法律はありませんが、日本産婦人科学会が 1983年に定めた規則により、国内では代理母出産は行えなくなりました。

家族関係を複雑にする、母体の商品化などの観点から反対する方が いらっしゃるのは確かですが、現実に代理母出産でしか自身の子どもを 持つことができないという立場の方からすると、代理母出産に活路を 見出す方が増えているのも事実です。

Q19:海外には何回行かなければなりませんか?

一回目:
・クライアントとエージェンシー間の契約を結ぶため
・クライアントと代理母間の契約を結ぶため
・クライアントと補助生殖技術病院間の契約を結ぶため
・医師との面談・メディカルチェック

二回目:
・子供が生まれる/生まれた時
・出産に参加するため
・出産後の手続きのため

Q20:仕事を辞めるつもりはないのですが、辞めなくても利用できますか?

少なくとも上記2回の渡航が必要になってきます。
特に奥様の採卵の際の渡航はお体のサイクルに合わせるため、長期休暇が 必要になるかと思います。
スケジュールを立てる際にある程度の目安はお話できますが、 それ以上はご自身の判断になります。

Q21:夫も海外に行く必要がありますか?

一度目の契約時は、ご夫婦での渡航が最善かと思います。
しかし、ご主人の精子を使わない場合は、奥様おひとりでの渡航でも 大丈夫です。
その際は、ウクライナにアポスティーユされたご主人からの委任状が 必要になります。
採卵、立ち合い出産渡航時は奥様だけでも大丈夫です。 弊社の現地スタッフがサポートさせていただきます。

Q22:代理母への体外受精がうまくいかなかった場合、何回まで実施されますか? またその後、違う方に代理母をお願いすることはできますか?

契約によりますが、同じ代理母で3回までの体外受精で妊娠に至らなければ、代理母を代えることになります。

Q23:代理母のドクター検診に同席することはできますか?

はい、できます。
また、遠方ですので同席が難しい場合でも、超音波写真などで妊娠中の様子をご報告致します。

Q24:出産後、代理母との関係はどうなりますか?

ご夫婦が、代理母に求める条件もそれぞれですので、 弁護士と相談しながら契約の条件を決めていかれることが 最善かと思います。

契約によっては、クライアントご夫婦のお名前を代理母に知らせない ことも可能ですし、最後まで代理母とお会いにならなかった ケースもあります。

出産後に母乳をもらうというようなことも契約の条件に入れることが出来ます。
そしてご夫婦よりお子さんの成長をお伝えすることはもちろん可能です。

Q25:卵子ドナーに日本人はいますか?

弊社は信頼できる機関と提携し、数多くの日本人ドナーのご紹介もさせて いただいております。

また、日本から輸送された低温凍結の 精液も、卵子も、胚 (日本で体外受精されたもの)も使えます。

Q26:着床前診断(PGD: Preimplantation Genetic Diagnosis)はできますか?

はい、できます。
着床前診断とは、着床前(女性の体内で妊娠が起こる前)に、受精卵の遺伝子を診断する技術で、弊社の提携するクリニックでは100%の診断が可能です。

Q27:男女の産み分けはできますか?

着床前診断を行う過程で、受精卵の性別が分かりますので、産み分けは可能です。
ただし、最も状態のよい受精卵を移植したほうが妊娠成功率は高くなりますので、卵子の質を重視されることをお勧めいたします。

Q28: 現地での滞在先はどのようなところになりますか?

滞在日数と予算に合わせてお選びいただけます。

・5つ星ホテル500ドル~/日
・2つ星3つ星ホテル 60ドル~/日
・アパート 50ドル~/日
・ワンルームアパート20ドル~/日

他、wifi環境、居住環境など、ご要望に応じてご用意させて頂きます。

代理母出産のメリット・リスク(問題点)や法律面などを、無料相談でご回答しております。

どんなことでも、お気軽にご相談くださいませ。
高度不妊治療の、【代理母出産】はとても有効な方法です。

ウクライナの中でも、代理母出産を安い費用(料金)で、高い技術の不妊治療をご提供する厳選した医院をご紹介します

お問合せ